公益社団法人全国老人福祉施設協議会
会員ログイン
  • 全国老施協とは
  • 広報・情報・資料とは
  • 研修セミナーとは
  • 調査・研究
  • 行政資料
  •  

研修・セミナー

老施協・デイ協(研修・セミナー)詳細

平成30年度「看護職員研修会」開催のご案内
項目 内容
掲載・更新日 平成30年06月05日
本文

平成30年度介護報酬改定では、地域包括ケアシステムの構築を重点課題に掲げ、

医療と介護のシームレス化が図られました。

社会保障制度の持続と多死社会に備え、尊厳ある死までのプロセスを切れ目なく支援するため、

地域の中重度者、看取りの受け皿として高齢者福祉施設においても、

入所時から人生の最終段階に至るまで、多職種によるケアチームと本人・家族が繰り返し話し合い、

本人の意思を重視した支援が求められます。

また、報酬改定においても自立支援・重度化防止に資する

質の高いサービスの実現も重点課題として掲げられ、

科学的裏付けに基づく効果的な介護のエビデンスの蓄積とデータベースづくりが進行しており、

今後は自立支援・重度化防止に効果的なケアの質を評価する方向性が示唆されます。

QOL向上を主とする生活支援と効果的なケアにより、

その人が望む生活を人生の最終段階まで切れ目なく支援するためには、医療・介護の連携が不可欠です。

本研修会では、施設の医療の中心を担い、

医療と介護のハブ的な役割が期待される看護職員に必要な知識や役割を学ぶことを目的に開催いたします。

 

 

開催日:平成30年8月20日(月)

会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター5階ホール5B(東京都)

対象:高齢者福祉施設の看護職員等

 

下記よりWeb申し込みが可能です。

      ↓

http://www.roushikyo.or.jp/jssys/seminar/seminardetail.aspx?seminar=10068&place=1

 


参考資料 開催要項・参加申込書 (ファイルサイズ:544,882Byte)
参考資料 Web申し込み案内 (ファイルサイズ:269,239Byte)