公益社団法人全国老人福祉施設協議会
会員ログイン
  • 全国老施協とは
  • 広報・情報・資料とは
  • 研修セミナーとは
  • 調査・研究
  • 行政資料
  •  

研修・セミナー

老施協・デイ協(研修・セミナー)詳細

平成29年度「看護職員研修会」開催のご案内
項目 内容
掲載・更新日 平成29年06月19日
本文

 医療・介護提供体制の「2025年モデル」の実現にむけ

地域完結型医療を目指し、在宅復帰・在宅医療の推進、

地域包括ケアシステムの構築等、医療・介護提供体制の

変換にむけた動きが進められています。

平成29年4月に厚生労働省より公表された「新たな医療の在り方を

踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会報告書」では、

労働人口の減少や高齢化の進行による医療・介護ニーズの高まりにより、

労働力の確保や職場定着、働き方改革等を課題とし、医療・介護従事者の

質の向上とサービス提供の効率化・注力化にむけた提言がなされました。

新たな資格の創設を含むタスク・シェアリング、タスク・シフティングや、

地域ニーズに応じた医療機能の分化と連携、地域包括ケアシステムの基盤を支える

人材養成のほか、看護職員をわが国の医療・介護を担う中心的存在として位置づけ、

新たな看護師像についても指摘されています。

 一方、高齢者福祉施設においては、地域における高齢者の増加と重度化にともない、

高まる医療ニーズへの対応や迫り来る多死社会に備え、地域における安全・安心

な終の棲家として、さらなる機能の拡充が求められています。

医療と介護の連携により、人生の最終段階においても

住み慣れた地域で最期まで安心・安全なケアを提供する場として、高齢者福祉施

設のチームケアの要となる看護職員へ求められる機能と役割について学ぶことを

目的に本研修会を開催いたします。

 

※締切日を延長しております。7月19日以降はFAXでのみお申し込みを受け付けいたします。


 


参考資料 開催要項 (ファイルサイズ:894,958Byte)
参考資料 web申込み案内 (ファイルサイズ:269,720Byte)