公益社団法人全国老人福祉施設協議会
会員ログイン
  • 全国老施協とは
  • 広報・情報・資料とは
  • 研修セミナーとは
  • 調査・研究
  • 行政資料
  •  

調査・研究

その他の調査・研究事業詳細

【老施協総研】『老人福祉施設における地域障害者ケアについての調査研究』報告 サマリ
項目 内容
掲載・更新日 平成19年05月30日
本文

老施協総研/平成18年度事業
『老人福祉施設における地域障害者ケアについての調査研究』報告 サマリ

【本調査研究 趣旨】
・平成18年度前半に取りまとめた(平成17年度事業報告書)「老人福祉施設における地域障害者ケアについての調査研究」報告書を継承し、今後の検討とされた点について、さまざまな観点から整理を行い、具体的な方向性を提言することを目指したもの。
・報酬改定ごとに行われる施設の“他律的な変容”、なかでも負の影響を排除するため、現状における課題を整理し、今後予定される法改正および介護報酬改定に反映されるべく、その対応策についてとりまとめ、提言を行うための基礎資料とすること。
・さらには、他律的な負の影響の排除という現状維持にとどまらず、老人福祉施設が“地域福祉施設”“地域拠点機能”として自律性を発揮し、地域住民の安全・安心の拠点として、また地域障害者ケアを行いうる施設として機能しうるための方策について整理し、これを可能とする根拠を法制度に、基盤を報酬に反映させるべく提言を行うための基礎資料とすること
(サマリより抜粋)

*なお、報告書は5月中旬に会員施設(特養)へ発送済みです。


参考資料 【老施協総研】「老人福祉施設における地域障害者ケアについての調査研究』報告書 サマリ (ファイルサイズ:101,614Byte)