公益社団法人全国老人福祉施設協議会
会員ログイン
  • 全国老施協とは
  • 広報・情報・資料とは
  • 研修セミナーとは
  • 調査・研究
  • 行政資料
  •  

広報・情報・資料

提言・要望・意見詳細

JS-Opinion Paper「New Phase of KAIGO」2025 社会保障大改革(介護新時代)は、民の力で!
項目 内容
掲載・更新日 平成27年07月10日
本文

JS-Opinion Paper「New Phase of KAIGO」

2025 社会保障大改革(介護新時代)は、民の力で!

〜2025年に向けたあるべき社会保障制度改革を目指して〜

 

 

 平成27年6月30日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)では、毎年1兆円程度増加する社会保障費を半減させ、3年間で1.5兆円の伸びに抑える目安が示されています。

 この改革を断行するには、介護分野では年あたり1千億円から2千億円もの給付費削減が目指されることになり、私たちは平成27年度介護報酬改定の過酷さを、毎年乗り越えなければならない苦境に立たされることになります。

 一方、これまで繰り返されてきた介護報酬単価の削減は、急速な高齢者人口の増加や、複雑・多様化したサービス類型の乱立の前に、社会保障費の総額を減ずる効果をほとんど持たない状況にあります。

 我が国社会保障制度を、将来にわたって持続可能なものにしていくためには、当座しのぎの施策に堕することなく、今日的な現場の声をもって、より効果的・効率的な在り方を求めた改革に挑む他ありません。

 そこで本会では、これらに対する見解を示し、我が国高齢者福祉・介護の当事者として積極的に提案を重ねることで、あるべき社会保障制度づくりに寄与すべく、標記資料をとりまとめいたしました。


参考資料 JS-Opinion Paper「New Phase of KAIGO」2025 社会保障大改革(介護新時代)は、民の力で!【訂正版】 (ファイルサイズ:1,793,251Byte)
参考資料 記事訂正について (ファイルサイズ:205,941Byte)