公益社団法人全国老人福祉施設協議会
会員ログイン
  • 全国老施協とは
  • 広報・情報・資料とは
  • 研修セミナーとは
  • 調査・研究
  • 行政資料
  •  

全国老人福祉施設協議会 災害関連情報ページ

災害マニュアル作成の手引き

 全国老人福祉施設協議会では、平成23 年度老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分)事業として、「災害時における特別養護老人ホームのリスクマネジメント調査研究事業」を行いました。

 この調査研究事業では、東日本大震災において被災した施設や、被災した施設から利用者を受け入れた施設などに対して、ヒヤリング調査、アンケート調査などを行い、各施設の実態を明らかにし、その結果から、災害発生時における施設のリスクマネジメント対策が示されました。

 そこで示された対策のうち、重要なものを絞り込み、わかりやすく簡潔にまとめたのが、「災害防災マニュアル作成の手引き」です。この手引きは、災害防災のためのマニュアルそのものではなく、各施設において災害対策を検討し、マニュアルを作成する際の「手引き」として活用できるよう、次の内容となっています。

『災害防災マニュアル作成の手引き』の概要紹介

上記の16の検討事項だけではなく、このマニュアルをベースとして、各施設でさらに精査し、より良いマニュアルにできるよう努めてください。

『災害防災マニュアル作成の手引き』の全文については、こちらのPDFデータをご覧ください。

  • ○「―発災から3時間で、誰が何をすればいいのか…」
  • ○「いまいる人員」と、「いまある物資」と、そして「いま機能する対策」だけで、三日間をどう乗り越えるか…」
  • ※完成した「災害防災マニュアル」が、「―今日の夜勤帯に、大雨特別警報が発令されるなか、震度5強の地震に襲われた…」という設定で、どの程度機能するのか、話し合ってください。

災害関連情報トップへ